Skip to main content

Posts

Showing posts from February, 2012

楽天Edyのロゴデザインについて考えよう。

twitterを見ていたら、トレンドになるぐらい楽天Edyのロゴがダサいと話題になっていて、関連ツイートを眺めているとネガティブな意見がほとんどで、ポジティブな意見は皆無に等しい状態で少し驚きました。

通常のプロセスであれば、多くの案と人の判断を経て絞り抜かれているはずのロゴが、なぜこれほどまでに評判がよくないでしょうか。

単純に否定的な言葉だけで片付けてしまうのではなく、デザイナーとしてその理由を考えてみたいと思います。


 ■定着している楽天への否定的イメージ
時はさかのぼること2009年の8月。楽天グループにイーバンク銀行が入った際に、手数料など多くの改変が行われ、それが既存ユーザーにとってはデメリットになるものばかりで「改悪」というイメージが定着してしまいました。
今回のEdyも2009年に連結子会社化したビットワレットを楽天が完全に取り込んでいくような形で、既存ユーザーがイーバンク時代の改変の悪夢を思い出してしまい、脊髄反射的に否定的な意見がでてしまっていることから、デザインも余計に良く見えてこないのではないかと思います。


 ■ロゴ同士のバランス
それぞれのロゴの大きさや色のバランスが同じレベルになっているからか、「楽天」なのか「Edy」なのかどっちつかずで、両者がつばぜり合いをしているような感じがします。
こういった部分に関してはクライアントの思惑や政治が多く絡んでくるので、デザインレベルではどうしようもなくなってきてしまうのですが、せめて色だけでも統一できればもう少しバランスのとれた感じにみえたのではないかと思います。


■文字そのもののバランス
新しくなったEdyのロゴそのものが、やや左によっているように見えるせいか、それが不安定なイメージを想起させて、ネガティブな意見につながっているのではないかと思います。
その理由を探るために、ロゴを分解して観察してみたところ、具体的に大きく3つほど気になった点がありました。
1つ目は「E」の右端のラインがピッタリとそろった状態になっているので、錯視が働いて真ん中の線が飛び出ているように見えることです。
通常はこの錯視を避けるために真ん中のラインを少しだけ左にずらすような処理を行うのですが、文字を構成するルールとしてシステム的な思考や数値を重視されているということなのかもしれません。

 2つ目は「d」の上部がキャップ…