Skip to main content

Posts

Showing posts from September, 2013

iOS7が示すUIデザインのこれから

iOS7を早速インストールしてみてみましたが、正直な感想として「アイブさん、時代が追いついておりません!」という印象です。
リマインダーだけテクスチャが残っていたり、ホーム画面は既存アプリのアイコンとビビッドなiOS7のアイコンが並んだりと、デザインのトーンが混在していてなんともいえない感じになっています。
ただ、実際に使ってみると、これまでのiOSと比較して、触れたときの感覚がスケートリンクの上をスイスイ滑っているかの様に、より心地よいものになっています。
常にUIデザインの世界をリードしてきたiOSが大きく変化したことで、UIデザインに求められる考え方や、プロセス、スキルはどのように変わっていくのか、iOS7のデザインから考えてみたいと思います。


必要なときに必要なものだけiOS7ではSafariでスクロールに応じてUIが見え隠れするようになっており、ユーザーの操作やコンテンツに合わせてUIが柔軟に変化するようになっています。
コンテンツを主役にするために、UIはあくまで控えめに。ユーザーが必要とする時に必要なものだけへと柔軟に変化させて、人の動きに寄り添う様なデザインを実現していくことが重要であることを示しています。

変化のデザインApple Introducing iOS 7 - Official VideoUIが要求に合わせて大きく変化するようになり、シンプルになった反面、状態変化を音やアニメーションなどでいかに分かりやすく伝えることが必要になっています。
静的なモックを美しく仕上げること以上に、プロトタイピングツールやアニメーションソフトなどで実際に動かしたり触れて判断し、心地よい変化をつくっていくということを強く意識していかなければなりません。

UIの根幹となるタイポグラフィ iOS7では文字のスペーシングやウエイトを動的に変化させるためのDynamicTypeが新しく搭載され、ロッククスクリーンから、時計アプリにいたるまで、あらゆる部分でタイポグラフィが重要な存在となっています。
シンプルなデザインになった反面、装飾によるごまかしはきかず、文字や罫線などの最低限の要素だけで美しく構成しながらも、UIとして機能させるか。そのためのタイポグラフィスキルがより重要になってきています。

iOS7は通過点あまりに大きな変化のために色々と議論になっていますが、これは…