Tuesday, June 21, 2011

The law of beauty hidden behind the iCloud icon.

On the other day, iCloud has been introduced to the world and it became a big topic of conversation. The design of icon is refined as ever. Let's think about why it looks so beautiful. Changing the point of view a little, I'll try to find out the reason of its beauty by focusing on icon design itself.

At first, let's take a look at its appearance.
Its shape is balanced while the outline is irregular. It may looks easy to settle the whole shape as cloud-shaped with simplicity and balance, however, it's not that easy. It's actually a refined design.


We can't approach the reason of beauty only by just looking at. So, let's peer into its design.
As some of you may already notice, there are four circles hidden in the whole shape. At first glance, the curve looks irregular. Although, if you look at it further, it turns out that it has a balanced shape composed of precise circled.

In short, it tells that the beauty of icon comes out of the geometry. However, it's questionable that aligning circles at random can produce the balanced design.


So, I explored it further and measured the diameter of circles.
Surprisingly, the ratio of two pair of circles is 1:1.6, which is close to the golden ration.

Furthermore, I measured the ratio of the whole cloud.

It's truly "One more thing".

It's shaped as perfect design which casts its beauty on our unconsciousness by utilizing fundamental principle such as the golden ratio as well as the geometry.


To summarize...
•Geometrically-set curves generates the balanced shape.
•Applying certain law to random shapes brings the balanced design in whole.​



Simple, but profound.
Awesome Apple's design philosophy.

Original Japanese article is here.
(Uploaded on June 09.)

Thursday, June 9, 2011

icloudのアイコンに隠れた美しさの法則。

Thank you for coming to my blog! this article English version is here.

先日のWWDCで発表されたicloud。アップルのクラウド本格参入ということで色々とサービスが話題になっていますが、相変わらずアイコンのデザインも綺麗に仕上がっていますね。
では、なぜ美しく見えるのか、少し視点を変えてアイコンのデザインそのものに注目して、その美しさの理由に迫ってみたいと思います。

まずは、なんとなく眺めてみましょう。
雲の輪郭が不規則な曲線を描きつつも、とてもバランスのとれた形になっていますね。ワラのなかから一本の針を見つけるぐらい、とまではいかないと思いますが、シンプルでバランスのとれた形にしながらも雲に見えるような形に定着させるのは、簡単そうに見えて意外と難しく、磨き抜かれたデザインだということが分かりますね。


なんとなく眺めているだけでは美しさの理由に迫れないので、もう少し目を凝らして見てみましょう。
勘の良い方は既にお気づきだったかと思いますが、形の中に4つの円が隠れていることに気がつきます。一見、何となく描いたように見えるカーブでも正円で構成することでバランスのとれた形になっていることが分かります。

つまり、「アイコンの美しさは幾何学で構成することにあり」ということが分かるわけですが、単純にランダムな円を配置していくだけでバランスのとれたデザインに仕上げることができるか、と考えるとあらゆる可能性が頭をもたげ、少し疑問に思えてきてしまいます。


そこで、さらなる理由を追い求めて、今度は円の直径を測ってみました。
すると…
なんとまあ、それぞれ左右の円の比率が1:1.6と、見事に黄金比に近い比率になっているではありませんか。

さらにさらに、雲の形の比率も調べてみると…。

まさに、「One more thing」。

幾何学だけでなく、黄金比のような原理的な法則を駆使しながら、美しさを無意識に訴えかけるスキのないデザインに仕上がっていますね。


まとめてみると…
・曲線を幾何学で構成(補正)することでバランスのとれた形になる
・細部のランダムな大きさの中にも一定の法則を適用することで、全体的にバランスのとれたデザインになる



シンプルなのに奥深い。
恐るべし、appleのデザイン哲学。