Skip to main content

「みんなで分け合えば、できること。」のポスターデザインで考えた7つのこと。


「みんなで分け合えば、できること。」のポスターを作ってから、予想外の反響にてんやわんやで思考がオーバーヒート状態だったのですが、少し落ち着いてきたので、自分がなぜポスターを作ろうと思ったのか、その過程と広がりを時系列にしつつ、デザイン的な観点で整理して記しておきたいと思います。

1.デザインのきっかけ
地震発生後、テレビなどで被災地の惨状を見るたび、一人の人間として何も出来ないことに歯痒さを感じていました。そんな中、余震が続く東京などでは、少しでも安心したいという気持ちからか、食料品・日用品の買い占め現象が発生し、物資が少ない中で多くの人が必要以上に買いだめする事で、物流のバランスが崩れ「今、本当に必要としている人々」に届かなくなるという事態が起きました。
地震発生直後は落ち着いていたスーパーやコンビニなどが、翌日には買いだめする人たちで溢れ、食料品などほとんどの棚がガラ空き状態になっているのをみて「これは異常だ」と感じていました。
その中で、twitter上で節電を呼びかける「ヤシマ作戦」に続き、物資の譲り合いを呼びかける、どうぞどうぞ精神の「ウエシマ作戦」を広めようという動きがあり、コピーライターの方々が続々と買いだめ防止をよびかけるコピーをツイートしていました。私もその目的のわかりやすさに共感し、「デザイナーとして何ができるだろう」と考えた時に、「買い占めの皆様へ。」という「少しだけ我慢すればどれだけ多くの人を助ける事ができるか」ということが明確に数字にされたツイートを見て、このメッセージをさらに分かりやすく瞬時に伝え、「買いだめ現象の異常さに気付きをもってもらえる様にすること」がデザイナーとして出来る事なのではないかと考えました。


2.デザインの役割
デザインとは付加価値を生み出し、差別化していくための手段だと思われがちですが、原点に立ち返ってみるとデザインは目的を達成するために「情報をより分かりやすく整理する」ということにたどり着きます。
錯綜する情報、刻一刻と変わる状況で、世の中は「スピード」と「分かりやすさ」が求められていると感じ、その状況でデザインの力を活かす事が出来るのではないかと考え、その効果を最大限に生み出せる「インフォグラフィックス」という手法を使おうと考えました。
インフォグラフィックスとは、複雑な内容やイメージしづらい物事の仕組みなどを把握・整理し、視覚的な表現で他の人に情報を分かりやすく伝えるグラフィックデザインのこと。絵や図で説明すると、言葉で伝わらないことでも簡単に理解できる。それがインフォグラフィックスの目的であり、理想である。(木村 博之/インフォグラフィックス―情報をデザインする視点と表現、2010、P8)


3.デザインのジレンマ
節電が叫ばれている中で、Macやモニタなどの電力を消費するものを使って制作をしていたので、「このままポスターを作らずにMacをシャットダウンした方が節電になり、自分が今すぐできることなのではないか」というジレンマに陥りました。
しかし、ポスターを作りtwitter上のテキスト主体のコミュニケーションだけでなく、より多くの人に伝わるように視覚化する事で、自分一人が節電するよりも、より多くの人に見てもらい、気付きを持ってもらう方が、前向きな成果を見込めるのではないかと考えました。
デザインが生み出す分かりやすさ、その可能性を信じました。


4.デザインの可能性
ポスターをデザインしている時に、一番に重視したことは「押し付けがましくないデザイン」にするということ。買いだめの心理は一人一人の不安な気持ちからなる生存本能であり、人として生きる為の能力を否定することはできない、でも一方で理性的な生き物でもあるという事から、「買い占めのみなさまへ。」の物資の関係性を分かりやすく見せる事で、自発的に気付きを持ってもらえる様なものを目指しました。買いだめ防止を押し付けるよりも個人の自主性を尊重した方が遥かに納得感が起きやすいと考えたからです。

また、標識や工事現場の表示などで日常的に刷り込まれている「黄色と黒」の注意喚起のイメージをベースに、情報は極力シンプルに、奇をてらわず愚直に分かりやすさを追求したものにしました。

デザインがある程度進み、最後のコピーをどうしようかと考えた時に、買いだめ防止を呼びかけるコピーが次々とツイートされていた中で、@YOUTHEKICKさんの「分け合いの気持ちを大切に」という趣旨のコピーがストレートに飛び込んできて「これだ」と思いました。実際にコピーを入れてみると、意味がストンと落ちる様な形でデザインが仕上がりました。


5.デザインの拡散力
ポスターを作り始めて約3時間後に完成し、ツイートしてからその日の夜には10万を越えるフォロワーを持つ方々に次々とリツイートされ、翌日からは新聞、テレビ、ネット、ラジオなどあらゆるニュースメディアで紹介されていき、それを推進力にデジタルからリアルへ大きく広がり、実際にあらゆるところに貼り出される様になりました。
他にもポスターとしての形態に留まらず、ムービー、バナー、待ち受け、Tシャツ、萌えイラスト版、歌など様々なアクションのきっかけにもなり、デザインの意図がシンプルで明確であればあるほど共感が起きやすいということを実感しました。


6.デザインの本質
今回のポスターデザインで感じた事は、情報量が増えていく中で、ロバート・キャパをモデルにしたミュージカル『NEVER SAY GOODBY』の歌詞に「たった一枚の写真でも 人生の真実を映し出せると」あるように、「たった一枚のデザインでも 物事の本質を導きだせる」ということ。グラフィックデザインの力強さを再認識しました。


7.デザインの力
ポスターをデザインしてから数日後、学生時代にとてもお世話になった方から突然電話をいただきました。その方は、私が新聞奨学生をしていたときの販売店の店長で、色々と相談に乗ってくれたりしていて、その方が店長でなければ今の自分はないと言っても過言ではないくらい心の支えになっていただいた方でした。
その店長の奥さんが気仙沼の出身で、親戚の方々が被災されてとても大変な状況であるという事でした。私自身もその知らせに驚き、心が痛みました。
でも、その中で「自分が世話をした学生が震災復興のために、前向きな行動を起こしていたことをニュースを通して知り、とても元気付けられた」とメッセージをいただきました。自分にできる「デザインの力」で少しでも貢献・恩返しできたこと、一人でも多くの方に役立てたのだということを心の底から実感することができて、行動を起こして本当によかったと思いました。


主観的で退屈な長文になってしまいしたが、最後に強調しておきたいのはポスターが出来たのはソーシャルメディア上で共感の連鎖があったからだということです。
@amnesia828さんの「買い占めの皆様へ。」の分かりやすいツイートがあって、@YOUTHEKICKさんの素晴らしいコピーがあって、twitter上で多くの方々に共感していただけたからであり、決して自分一人の力で出来たものではないということ。ソーシャルメディアの大きな可能性を体感する事が出来ました。

一刻も早い震災復興のために、今回の経験を糧に「デザインの力」を信じて、次なる行動へつなげていきたいと思います。

Popular posts from this blog

午前9時41分、Appleが止めた時間の謎。

ついにiPhone 4Sが発表されました。
日本からは2キャリアから出ることになり、乗り換えるのか、そのままなのか、これまで電波の弱さに悩まされてきたユーザーにとっては悩みどころですね。 

さて、あまり変わり映えのしないiPhone 4Sですが、よくよく見てみると、ひとつ気になることが…。
スクリーンショットの時間が、なんとも中途半端な9時41分になっています。

キリの良い9:40でもなく、イベントの開始時間である10:00でもなく、なぜこんな中途半端な時間なのでしょうか。

気になったので過去の製品画像をみてみると…。 なんと全てが「9:41 AM」で統一されています。
ここまで中途半端な時間で一貫しているということは何か意味があるのかもしれないですね。 ジョブズもしくはMac誕生の時間なのか、Appleにとって何かしらのメモリアルな時間なのでしょうか?
気になって海外のApple系ブログを色々と探索していたら、TUAWの記事に、Secret Labsの開発者ジョン マニングが、アップルストアにいたスコット・フォーストール(Apple上級副社長)に時間の意味を質問したという内容の記事がありました。

それによると、プレゼンテーションでプロダクトを大きくお披露目する時間を、約40分で発生するようにkeynoteをデザインし、スクリーンに映し出されたときに観客の時計とズレがないようにしていたらしいのですが、ピッタリ予定通りに行かない事を見越して数分追加した時間なのだそうです。
この40分に対し、スコットは「secret magic time」と名付けていたそうです。
実際にiPhoneが初めて発表された2007年のMacWorldをみてみたところ、プレゼンが開始されてちょうど40分頃にiPhoneのスクリーンが初めて公開されています。
つまり、時間が統一されている理由は、iPhoneのスクリーンが世界に向けて初めて公開されると予測した時間で、合理的な理由がありつつも、Appleにとって記念すべき時間でもあるからということですね。

さて、無事解決したかと思われますが、ここで新たな疑問がでてきます。
その「secret magic time」はなぜ40分なのかということ。
分刻みのプレゼンテーションを組み立てるぐらいですから、そのタイミングにも意味があると思います。 それ…

やはり、紙と鉛筆は良い。

新iPadが登場して思ったこと。

Retinaディスプレイによって、タブレットでも解像度や色の表現力が印刷よりも高くなり、いよいよ紙媒体が置き換えられてしまうのか、存在意義が問われつつある感じですね。
これまで、ものを考えたり記録したりするツールは、紙と鉛筆のようなアナログツールが一般的でしたが、ここ数年でiPadやiPhoneを代表としたモバイルデバイスや、Evernoteのようなクラウドなどの様々なデジタルツールにどんどん置き換わってきているように思います。
しかし、私自身それらを便利だとは感じていても、ものを考えるツールとしては、やはり紙と鉛筆のようなアナログツールが一番良いように思います。
たくさんのデジタルツールがある中で、なぜ「紙と鉛筆」が良いと感じるのか、その理由を様々なツールと比較して、紙と鉛筆の良さを改めて見直してみたいと思います。

テキストエディタ vs 紙と鉛筆 テキストエディタは誰もが使えるほどにシンプルで素晴らしいです。書き残せる事は無制限に近く、携帯などでいつでもどこでもメモをしながら考えることができます。 しかし、ものを考える上での欠点は、記された情報が垂直方向に並んでしまうことで、直線的な思考に縛られてしまうことです。 それに対して紙と鉛筆は、自分の思いつくことを白い紙の上に縦横無尽に書き出していくことで全体を見渡し、それぞれの関係性を見いだすことで、新たな発想へとつなげやすくなります。 「直線思考」か「拡散思考」か、可能性の広がりにおいて紙と鉛筆の方は圧倒的です。

描画ソフト vs 紙と鉛筆 何よりもスピードを重視するならば、あれこれ考えるよりもマウスを手に取ってIllustratorやパワポなどの描画ソフトを使って考えながら手を動かす方が良いかもしれません。 しかし、本当にそうであるならば、何よりも先に紙と鉛筆を手に取る事をオススメします。 思考スピードという点において、描画ソフトでは上図のように手+マウス→ソフトウェア上の仮想ツール→描画と、2つのツールを介すのに対して、アナログツールでは手+鉛筆→描画と、1つのツールを介すだけです。 描画ソフトは必ずしもエラーやフリーズがおきないとは限らず、思考プロセス上にある障害は少なければ少ないほど思考にかかるストレスは低くなり、結果的に質の良いものを作り出す事につながります。 また、早い…

細かすぎて伝わりづらい!
iOS 5のデザイン変更点まとめ。

iOS 5のリリースやiCloudの開始、iPhone 4Sの発売と、ここ最近のAppleのプロダクトが一通り出そろった感じですね。
3GSを使っていて常々もっさりしていたので、早速iPhone 4Sに乗り換えたところ、画面の中をスケートをしているかのようにスイスイ動いてくれてとても快適です。
2年前に3GSを使っていたときは、なんて速いんだろうと思っていたわけですが…慣れとは恐ろしいものです。

さて本題ですが、ここ数日使っていた中で気付いた、細かすぎるデザイン変更点があったので前回のLionと同じようにまとめてみました。

 細かすぎるデザイン変更点第2弾、今回も目を凝らしてどうぞ。


 1.アイコンバッジ

 iOS 4のアイコンバッジのシャドウは濃いめのブラックで強めのシャドウになっていましたが、iOS 5ではグレーっぽく明るくなっています。
全体的に比較してみると、iOS 4のシャドウは浮いている感じがするので、明るくなったことで画面全体のトーンにまとまりが出たように感じます。


2.ボックスデザイン

設定画面などのボックスデザインが、iOS 4ではフラットなラインに対して、iOS 5ではシャドウとハイライトが追加されて立体的なデザインになっています。
 iOS全体で同様の立体的なデザインが適用されているので、デザインの一貫性がより高まった感じがしますね。


 3.メッセージのハイライト

これは賛否両論ありそうですが、iOS 4ではメッセージの文字がプレーンなテキストだったのに対して、iOS 5ではハイライトが追加されてこれまた立体的なデザインになっています。
他にも吹き出しの背景色やシャドウが明るくなったことで、背景と文字のコントラストが高くなり、個人的には文字の可読性が高まって良くなったと思います。


 5.回転ロックボタンの厚み

iOS 4では回転ロックボタンのシャドウ距離が3pxだったのに対して、iOS 5ではシャドウ距離が4pxとなって、より立体的に見えるようになっています。
反対にミュージックアイコンのシャドウ距離は3pxで変わらずのままですので、1pxの違いをデザインすることで、回転ロックという機能アイコンと、ミュージックを起動するという起動アイコンの違いを表しているのではないかと思います。


5.ホームアイコンの間隔

 iOS 4ではアイコンの間隔が38pxの等間…