Skip to main content

細かすぎて伝わりづらい、Mac OSX Lionのデザイン変更点まとめ。

先日発売されたMac OSX Lionを何の迷いもなくダウンロードして、日々Apple信者になりつつあるのを実感しております。
さて、実際に数日間使ってみた感想としては、追加機能や操作の変更がてんこ盛りで慣れるのに時間がかかりそうな感じですが、特に気になったのはUIのグラフィックも細かな変更がされているということ。
そこで、新しい機能や大きな変更が話題になっている中で、細かい部分にスポットライトを当てて、その「細かすぎる変更点」をまとめてみました。

違いが分かりやすくなるようにそれぞれ拡大してあります。
目を凝らしてどうぞ。


1.クローズ・ミニサイズ・ズームボタン
Snow Leopadでは各ボタンの大きさが14pxだったのに対してLionでは少し小さくなって12pxになっています。さらに、ロールオーバーしたときの記号のデザインも少し立体的なグラフィックになっています。
通常ではボタンは大きい方が押しやすくなるはずですが、小さくなったということは、これらのボタンの必要性が低くなっているということでしょうか。



2.ラベルカラーの間隔
Snow Leopadではラベルカラーの間隔が1pxだったのに対して、Lionでは間隔が広くなって2pxになっています。
実際に使っていても、間隔が広いLionのほうが色同士の識別がしやすくなったと思います。



3.ソートボタン
Snow Leopadでは項目を並び替えるソートボタンを区切る線が15pxで上下のアキが無かったのに対して、Lionでは上下に2pxずつ空きを作る形で11pxになっています。同じように、FinderのBack/Frontボタンも区切り線が上下にアキができているので、UIのデザインルールとして項目を完全に区切らない方向になったということでしょうか。



4.ウィンドウのテクスチャ
Snow Leopadではウィンドウ上部のカラーがグレーのグラデーションだったのに対して、Lionではノイズのテクスチャが追加されています。
テクスチャが入る事でiOSの持つアナログのテイストに近づいた感じがしますね。


5.ドックアイコン下のランプ
Snow Leopadではアプリケーション使用時のドックアイコン下のランプの大きさが10pxだったのに対して、Lionでは少し小さくなって8pxになっています。これは、アプリケーション操作の管理がMisson Controlで行う方向に向かっていることから、Dockそのものの必要性が低くなっているために小さくなったのではないでしょうか。



6.Finderアイコン
最後はおなじみのFinderアイコン。一見お変わりないように見えますが、拡大して見てみるとLionでは輪郭にハイライトが追加されて少し立体的になっていますね。微妙な変わりっぷりは、少しずつ絵が変わるモーフィングアニメのようで、危うく気付かぬままになるところでした。



以上、細かすぎて「些細な違いなど気にしてられん」とか「気付かない部分にこだわっても意味が無い」というお声が聞こえてきそうですが、美しいと言われるアップルのインターフェイスの総体は、1pxという画像を構成する最小単位のこだわりから成り立っているということ、細かすぎて伝わりづらい程に細部までこだわることの大切さを教えてくれます。


小さな変化が、大きな変化を創り出す。
アップルの革新は改善の積み重ねでもあるといえますね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular posts from this blog

The law of beauty hidden behind the iCloud icon.

On the other day, iCloud has been introduced to the world and it became a big topic of conversation. The design of icon is refined as ever. Let's think about why it looks so beautiful. Changing the point of view a little, I'll try to find out the reason of its beauty by focusing on icon design itself.

At first, let's take a look at its appearance.
Its shape is balanced while the outline is irregular. It may looks easy to settle the whole shape as cloud-shaped with simplicity and balance, however, it's not that easy. It's actually a refined design.


We can't approach the reason of beauty only by just looking at. So, let's peer into its design.
As some of you may already notice, there are four circles hidden in the whole shape. At first glance, the curve looks irregular. Although, if you look at it further, it turns out that it has a balanced shape composed of precise circled.

In short, it tells that the beauty of icon comes out of the geometry. However, it'…

午前9時41分、Appleが止めた時間の謎。

ついにiPhone 4Sが発表されました。
日本からは2キャリアから出ることになり、乗り換えるのか、そのままなのか、これまで電波の弱さに悩まされてきたユーザーにとっては悩みどころですね。 

さて、あまり変わり映えのしないiPhone 4Sですが、よくよく見てみると、ひとつ気になることが…。
スクリーンショットの時間が、なんとも中途半端な9時41分になっています。

キリの良い9:40でもなく、イベントの開始時間である10:00でもなく、なぜこんな中途半端な時間なのでしょうか。

気になったので過去の製品画像をみてみると…。 なんと全てが「9:41 AM」で統一されています。
ここまで中途半端な時間で一貫しているということは何か意味があるのかもしれないですね。 ジョブズもしくはMac誕生の時間なのか、Appleにとって何かしらのメモリアルな時間なのでしょうか?
気になって海外のApple系ブログを色々と探索していたら、TUAWの記事に、Secret Labsの開発者ジョン マニングが、アップルストアにいたスコット・フォーストール(Apple上級副社長)に時間の意味を質問したという内容の記事がありました。

それによると、プレゼンテーションでプロダクトを大きくお披露目する時間を、約40分で発生するようにkeynoteをデザインし、スクリーンに映し出されたときに観客の時計とズレがないようにしていたらしいのですが、ピッタリ予定通りに行かない事を見越して数分追加した時間なのだそうです。
この40分に対し、スコットは「secret magic time」と名付けていたそうです。
実際にiPhoneが初めて発表された2007年のMacWorldをみてみたところ、プレゼンが開始されてちょうど40分頃にiPhoneのスクリーンが初めて公開されています。
つまり、時間が統一されている理由は、iPhoneのスクリーンが世界に向けて初めて公開されると予測した時間で、合理的な理由がありつつも、Appleにとって記念すべき時間でもあるからということですね。

さて、無事解決したかと思われますが、ここで新たな疑問がでてきます。
その「secret magic time」はなぜ40分なのかということ。
分刻みのプレゼンテーションを組み立てるぐらいですから、そのタイミングにも意味があると思います。 それ…

やはり、紙と鉛筆は良い。

新iPadが登場して思ったこと。

Retinaディスプレイによって、タブレットでも解像度や色の表現力が印刷よりも高くなり、いよいよ紙媒体が置き換えられてしまうのか、存在意義が問われつつある感じですね。
これまで、ものを考えたり記録したりするツールは、紙と鉛筆のようなアナログツールが一般的でしたが、ここ数年でiPadやiPhoneを代表としたモバイルデバイスや、Evernoteのようなクラウドなどの様々なデジタルツールにどんどん置き換わってきているように思います。
しかし、私自身それらを便利だとは感じていても、ものを考えるツールとしては、やはり紙と鉛筆のようなアナログツールが一番良いように思います。
たくさんのデジタルツールがある中で、なぜ「紙と鉛筆」が良いと感じるのか、その理由を様々なツールと比較して、紙と鉛筆の良さを改めて見直してみたいと思います。

テキストエディタ vs 紙と鉛筆 テキストエディタは誰もが使えるほどにシンプルで素晴らしいです。書き残せる事は無制限に近く、携帯などでいつでもどこでもメモをしながら考えることができます。 しかし、ものを考える上での欠点は、記された情報が垂直方向に並んでしまうことで、直線的な思考に縛られてしまうことです。 それに対して紙と鉛筆は、自分の思いつくことを白い紙の上に縦横無尽に書き出していくことで全体を見渡し、それぞれの関係性を見いだすことで、新たな発想へとつなげやすくなります。 「直線思考」か「拡散思考」か、可能性の広がりにおいて紙と鉛筆の方は圧倒的です。

描画ソフト vs 紙と鉛筆 何よりもスピードを重視するならば、あれこれ考えるよりもマウスを手に取ってIllustratorやパワポなどの描画ソフトを使って考えながら手を動かす方が良いかもしれません。 しかし、本当にそうであるならば、何よりも先に紙と鉛筆を手に取る事をオススメします。 思考スピードという点において、描画ソフトでは上図のように手+マウス→ソフトウェア上の仮想ツール→描画と、2つのツールを介すのに対して、アナログツールでは手+鉛筆→描画と、1つのツールを介すだけです。 描画ソフトは必ずしもエラーやフリーズがおきないとは限らず、思考プロセス上にある障害は少なければ少ないほど思考にかかるストレスは低くなり、結果的に質の良いものを作り出す事につながります。 また、早い…