Skip to main content

Android 4.0 Ice Cream Sandwichのフォントは、なんだか変な味がする。

 Google / Samsung introduce Android 4.0 Ice Cream Sandwich
先日発表されたAndoroid 4.0 Ice Cream Sandwithの新しいフォント「Roboto」について。
今回のバージョンアップではフォントに力を入れて来ているそうで、発表時にも大きく扱われていました。
GoogleでAndroidのデザインを担当するMatias Duarte氏によると、新しいフォントRobotoは「わかりやすくて親しみやすく、Androidを魅力的にし、もう少し人間らしくするものでなければならなかった」ということを出発点に作られたそうです。

インターフェイスの根幹を成すフォントに、これまでにない力の入れようを感じるわけですが、よくよく見てみると、ところどころ違和感をデザインになっていて、それが独特の変な味を醸し出している印象を受けました。

その違和感とは何か、他の様々なフォントと比較して、その「変な味」の理由を考えてみることで、モヤモヤした感覚をスッキリさせてみたいと思います。


変な味その1:雰囲気
Robotoは「人間らしさを追求したフォント」だそうですが、筆記体の風合いを持つヒューマニストスタイルと、Helveticaのようなネオグロテスクスタイルが混在していて、なんともバラバラなテイストになっています。
読みやすさを重視するために色々なフォントの良い所を取り入れていったそうですが、美味しい物だけを集めて並べてもそれぞれが主張してしまってなんだか分からない料理になるよりは、フルコース料理のように全体で見たときにバランスのとれている方が読んでいて心地よいのではないでしょうか。


変な味その2:エレメント
Droid Sansではすべてのエレメントが統一されていましたが、Robotoではそれぞれ違うデザインが施されています。
この理由について、RobotoのフォントデザイナーChristian Robertsonによると、Helveticaのように閉じた「a」や「s」などが、文章として並んだときにリズムを生み出し、美しく読みやすいデザインになることから、それらをアレンジしたデザインにしたそうです。
これは賛否両論ありそうですが、考え方の指標として、GeorgiaやVerdanaの作者で有名なMatthew Carter氏の「読者の書体認知について」の言葉が参考になります。
私の存在を知られたくない、新聞や雑誌の読者が書体を意識したとしたら、それは問題があるということだ。読者のそんな反応はごめんだよ。
『ヘルベチカ -世界を魅了する書体-』 
つまり、フォントは情報を伝えるための器であり、器と食材がバランスを取り合ってこそ料理が美しく見えるように、文字それぞれが主張してしまっていると、本来の目的である情報を読み取る行為への妨げになるのではないでしょうか。


変な味その3:幾何学 
Robotoのコンセプトは、側面がまっすぐな大文字や、陸上競技トラックのような独特の丸みを帯びたイメージで、機械的な骨格を持ちながらも、幾何学的な曲線をうまく組み合わせることで明るい雰囲気をもったデザインを目指しているそうです。
しかし、代表的なフォントであるFutura、DINなどと比較をしてみると、円の幅や中心点がバラバラでやや複雑な構造になっています。
見た目のアンバランスさを食感で例えると、Frutura、DINがサクッとかみ切れそうなのに対して、Robotoはグニャッとしていて、うまくかみ切れない様な感じがします。
幾何学をベースにつくられたフォントはその背景にある構造がシンプルで合理的だからこそ美しく見えるのであって、それらがうまく構成されていないとコンセプトの良さが活きないのでは無いかと思います。 


さて、一人のデザイナーとして、感じたことをまとめてみましたが、 食べ物にも慣れがあるように、フォントも実際に使っていけば自然と愛着が出てきて良く見えてくるのかもしれません。

Ice Cream Sandwichはオイシイのかマズいのか…。
さてさて、みなさんはどう感じましたでしょうか??

異論・反論など、twitterやコメント欄でどんどんご意見いただけると嬉しいです!

このエントリに関連するオススメの書籍


Popular posts from this blog

The law of beauty hidden behind the iCloud icon.

On the other day, iCloud has been introduced to the world and it became a big topic of conversation. The design of icon is refined as ever. Let's think about why it looks so beautiful. Changing the point of view a little, I'll try to find out the reason of its beauty by focusing on icon design itself.

At first, let's take a look at its appearance.
Its shape is balanced while the outline is irregular. It may looks easy to settle the whole shape as cloud-shaped with simplicity and balance, however, it's not that easy. It's actually a refined design.


We can't approach the reason of beauty only by just looking at. So, let's peer into its design.
As some of you may already notice, there are four circles hidden in the whole shape. At first glance, the curve looks irregular. Although, if you look at it further, it turns out that it has a balanced shape composed of precise circled.

In short, it tells that the beauty of icon comes out of the geometry. However, it'…

午前9時41分、Appleが止めた時間の謎。

ついにiPhone 4Sが発表されました。
日本からは2キャリアから出ることになり、乗り換えるのか、そのままなのか、これまで電波の弱さに悩まされてきたユーザーにとっては悩みどころですね。 

さて、あまり変わり映えのしないiPhone 4Sですが、よくよく見てみると、ひとつ気になることが…。
スクリーンショットの時間が、なんとも中途半端な9時41分になっています。

キリの良い9:40でもなく、イベントの開始時間である10:00でもなく、なぜこんな中途半端な時間なのでしょうか。

気になったので過去の製品画像をみてみると…。 なんと全てが「9:41 AM」で統一されています。
ここまで中途半端な時間で一貫しているということは何か意味があるのかもしれないですね。 ジョブズもしくはMac誕生の時間なのか、Appleにとって何かしらのメモリアルな時間なのでしょうか?
気になって海外のApple系ブログを色々と探索していたら、TUAWの記事に、Secret Labsの開発者ジョン マニングが、アップルストアにいたスコット・フォーストール(Apple上級副社長)に時間の意味を質問したという内容の記事がありました。

それによると、プレゼンテーションでプロダクトを大きくお披露目する時間を、約40分で発生するようにkeynoteをデザインし、スクリーンに映し出されたときに観客の時計とズレがないようにしていたらしいのですが、ピッタリ予定通りに行かない事を見越して数分追加した時間なのだそうです。
この40分に対し、スコットは「secret magic time」と名付けていたそうです。
実際にiPhoneが初めて発表された2007年のMacWorldをみてみたところ、プレゼンが開始されてちょうど40分頃にiPhoneのスクリーンが初めて公開されています。
つまり、時間が統一されている理由は、iPhoneのスクリーンが世界に向けて初めて公開されると予測した時間で、合理的な理由がありつつも、Appleにとって記念すべき時間でもあるからということですね。

さて、無事解決したかと思われますが、ここで新たな疑問がでてきます。
その「secret magic time」はなぜ40分なのかということ。
分刻みのプレゼンテーションを組み立てるぐらいですから、そのタイミングにも意味があると思います。 それ…

やはり、紙と鉛筆は良い。

新iPadが登場して思ったこと。

Retinaディスプレイによって、タブレットでも解像度や色の表現力が印刷よりも高くなり、いよいよ紙媒体が置き換えられてしまうのか、存在意義が問われつつある感じですね。
これまで、ものを考えたり記録したりするツールは、紙と鉛筆のようなアナログツールが一般的でしたが、ここ数年でiPadやiPhoneを代表としたモバイルデバイスや、Evernoteのようなクラウドなどの様々なデジタルツールにどんどん置き換わってきているように思います。
しかし、私自身それらを便利だとは感じていても、ものを考えるツールとしては、やはり紙と鉛筆のようなアナログツールが一番良いように思います。
たくさんのデジタルツールがある中で、なぜ「紙と鉛筆」が良いと感じるのか、その理由を様々なツールと比較して、紙と鉛筆の良さを改めて見直してみたいと思います。

テキストエディタ vs 紙と鉛筆 テキストエディタは誰もが使えるほどにシンプルで素晴らしいです。書き残せる事は無制限に近く、携帯などでいつでもどこでもメモをしながら考えることができます。 しかし、ものを考える上での欠点は、記された情報が垂直方向に並んでしまうことで、直線的な思考に縛られてしまうことです。 それに対して紙と鉛筆は、自分の思いつくことを白い紙の上に縦横無尽に書き出していくことで全体を見渡し、それぞれの関係性を見いだすことで、新たな発想へとつなげやすくなります。 「直線思考」か「拡散思考」か、可能性の広がりにおいて紙と鉛筆の方は圧倒的です。

描画ソフト vs 紙と鉛筆 何よりもスピードを重視するならば、あれこれ考えるよりもマウスを手に取ってIllustratorやパワポなどの描画ソフトを使って考えながら手を動かす方が良いかもしれません。 しかし、本当にそうであるならば、何よりも先に紙と鉛筆を手に取る事をオススメします。 思考スピードという点において、描画ソフトでは上図のように手+マウス→ソフトウェア上の仮想ツール→描画と、2つのツールを介すのに対して、アナログツールでは手+鉛筆→描画と、1つのツールを介すだけです。 描画ソフトは必ずしもエラーやフリーズがおきないとは限らず、思考プロセス上にある障害は少なければ少ないほど思考にかかるストレスは低くなり、結果的に質の良いものを作り出す事につながります。 また、早い…