Skip to main content

Google+のリニューアルデザインに、
Googleの本気度を見た。


いきなりのGoogle+デザインリニューアルで思ったこと。
 
Web上での行動起点が、検索からソーシャルへと台頭しつつある中で、グーグルは実験的プロジェクト「Google Labs」を閉鎖したり、広告収入に重点をおくようになったりと、検索で一時代を築いていたときの様なイノベーティブな存在感が薄れつつあると言われています。

しかし、ここにきてユーザーへの有無を言わさない潔いリニューアル。
そこにソーシャルにおけるGoogleの自信と本気度がうかがえるように思います。

これまではYoutubeボタンが追加されるだけだったりと、微妙かつ段階的な変更を続けていましたが、一気にリニューアルをして、その潔さとデザインのコンセプトが一貫していて、いよいよ本気を出して来たなという感じがします。

では、具体的にどの部分にGoogleの本気度が感じられるのか、大きく気付いた点をまとめてみました。


ナビゲーションが本気
comScoreの調査によると、Google+の月間あたりの滞在時間はわずか3.3分。Facebookの450分と大差がつけられており、WSJ紙にも「Facebookに比べるとGoogle+はまるでゴーストタウン」と言われるほどでした。
その中で「滞在時間をいかにして増やすか」という課題に出した答えが、ナビゲーションに重点をおいてデザインを設計する事で、共有、ビデオチャット、ゲームなどのソーシャル上における主要な行動すべてをGoogle+で完結できるように見せる、ということだったのではないかと思います。
ボタンの大きさや間隔にはじまり、カスタマイズ性やそのアニメーションなど、かなり綿密にデザインされていて、ユーザーの滞在時間に対する執着の本気度が読み取れます。


親切さが本気
リニューアル後はじめてアクセスすると、使い方ガイドなるものがでてきて、これでもかというぐらいに丁寧に説明してくれます。
説明を細かく分けたステップ式にして、さらにその該当箇所をフォーカスして見せるような仕組みにしていることで、初心者のユーザーでも迷わずに理解できるようになっています。
このことから、サービスを徹底的に分かりやすく親切なものにして、あまりソーシャルを活用していないような層も取り込んで、さらなるユーザー層の拡大を図っていくという積極的な姿勢が感じ取れます。


ディテールが本気
アイコンの微妙な色表現や、同じように見えるパーツ同士の細かな違い、マウスオーバーしたときの変化など、目を凝らして細部の色んな点を見てみると、これまで以上にディテールにこだわってデザインされていることが分かります。
パッと見では分からなくとも、無意識下ではそれらの差異を感じているもので、ユーザーにそれらの違いを感じさせつつも主張しすぎないという、絶妙にバランスのとれたデザインになっていて、そこからデザインへのこだわりの本気度が伝わってきます。


シンプルさと美しさを追求しながらも、使いやすさと親しみが感じられる、その信念が全体を通して感じられる今回のリニューアルデザインを見て、アインシュタインが語っていた言葉を思い出しました。

"何事もできるかぎり単純化しなければならない。ただし、必要以上に単純化してはならない。” 
—アルバート・アインシュタイン


Facebook、Twitter、Google+のソーシャル三つ巴戦。 このままFacebookが逃げ切るのか、Googleが巻き返すのか、それとも全く違うサービス台頭してくるのか、ソーシャルプラットフォームで覇権を制するのは果たしてどのサービスなんでしょうか。


Popular posts from this blog

午前9時41分、Appleが止めた時間の謎。

ついにiPhone 4Sが発表されました。
日本からは2キャリアから出ることになり、乗り換えるのか、そのままなのか、これまで電波の弱さに悩まされてきたユーザーにとっては悩みどころですね。 

さて、あまり変わり映えのしないiPhone 4Sですが、よくよく見てみると、ひとつ気になることが…。
スクリーンショットの時間が、なんとも中途半端な9時41分になっています。

キリの良い9:40でもなく、イベントの開始時間である10:00でもなく、なぜこんな中途半端な時間なのでしょうか。

気になったので過去の製品画像をみてみると…。 なんと全てが「9:41 AM」で統一されています。
ここまで中途半端な時間で一貫しているということは何か意味があるのかもしれないですね。 ジョブズもしくはMac誕生の時間なのか、Appleにとって何かしらのメモリアルな時間なのでしょうか?
気になって海外のApple系ブログを色々と探索していたら、TUAWの記事に、Secret Labsの開発者ジョン マニングが、アップルストアにいたスコット・フォーストール(Apple上級副社長)に時間の意味を質問したという内容の記事がありました。

それによると、プレゼンテーションでプロダクトを大きくお披露目する時間を、約40分で発生するようにkeynoteをデザインし、スクリーンに映し出されたときに観客の時計とズレがないようにしていたらしいのですが、ピッタリ予定通りに行かない事を見越して数分追加した時間なのだそうです。
この40分に対し、スコットは「secret magic time」と名付けていたそうです。
実際にiPhoneが初めて発表された2007年のMacWorldをみてみたところ、プレゼンが開始されてちょうど40分頃にiPhoneのスクリーンが初めて公開されています。
つまり、時間が統一されている理由は、iPhoneのスクリーンが世界に向けて初めて公開されると予測した時間で、合理的な理由がありつつも、Appleにとって記念すべき時間でもあるからということですね。

さて、無事解決したかと思われますが、ここで新たな疑問がでてきます。
その「secret magic time」はなぜ40分なのかということ。
分刻みのプレゼンテーションを組み立てるぐらいですから、そのタイミングにも意味があると思います。 それ…

細かすぎて伝わりづらい!
iOS 5のデザイン変更点まとめ。

iOS 5のリリースやiCloudの開始、iPhone 4Sの発売と、ここ最近のAppleのプロダクトが一通り出そろった感じですね。
3GSを使っていて常々もっさりしていたので、早速iPhone 4Sに乗り換えたところ、画面の中をスケートをしているかのようにスイスイ動いてくれてとても快適です。
2年前に3GSを使っていたときは、なんて速いんだろうと思っていたわけですが…慣れとは恐ろしいものです。

さて本題ですが、ここ数日使っていた中で気付いた、細かすぎるデザイン変更点があったので前回のLionと同じようにまとめてみました。

 細かすぎるデザイン変更点第2弾、今回も目を凝らしてどうぞ。


 1.アイコンバッジ

 iOS 4のアイコンバッジのシャドウは濃いめのブラックで強めのシャドウになっていましたが、iOS 5ではグレーっぽく明るくなっています。
全体的に比較してみると、iOS 4のシャドウは浮いている感じがするので、明るくなったことで画面全体のトーンにまとまりが出たように感じます。


2.ボックスデザイン

設定画面などのボックスデザインが、iOS 4ではフラットなラインに対して、iOS 5ではシャドウとハイライトが追加されて立体的なデザインになっています。
 iOS全体で同様の立体的なデザインが適用されているので、デザインの一貫性がより高まった感じがしますね。


 3.メッセージのハイライト

これは賛否両論ありそうですが、iOS 4ではメッセージの文字がプレーンなテキストだったのに対して、iOS 5ではハイライトが追加されてこれまた立体的なデザインになっています。
他にも吹き出しの背景色やシャドウが明るくなったことで、背景と文字のコントラストが高くなり、個人的には文字の可読性が高まって良くなったと思います。


 5.回転ロックボタンの厚み

iOS 4では回転ロックボタンのシャドウ距離が3pxだったのに対して、iOS 5ではシャドウ距離が4pxとなって、より立体的に見えるようになっています。
反対にミュージックアイコンのシャドウ距離は3pxで変わらずのままですので、1pxの違いをデザインすることで、回転ロックという機能アイコンと、ミュージックを起動するという起動アイコンの違いを表しているのではないかと思います。


5.ホームアイコンの間隔

 iOS 4ではアイコンの間隔が38pxの等間…

やはり、紙と鉛筆は良い。

新iPadが登場して思ったこと。

Retinaディスプレイによって、タブレットでも解像度や色の表現力が印刷よりも高くなり、いよいよ紙媒体が置き換えられてしまうのか、存在意義が問われつつある感じですね。
これまで、ものを考えたり記録したりするツールは、紙と鉛筆のようなアナログツールが一般的でしたが、ここ数年でiPadやiPhoneを代表としたモバイルデバイスや、Evernoteのようなクラウドなどの様々なデジタルツールにどんどん置き換わってきているように思います。
しかし、私自身それらを便利だとは感じていても、ものを考えるツールとしては、やはり紙と鉛筆のようなアナログツールが一番良いように思います。
たくさんのデジタルツールがある中で、なぜ「紙と鉛筆」が良いと感じるのか、その理由を様々なツールと比較して、紙と鉛筆の良さを改めて見直してみたいと思います。

テキストエディタ vs 紙と鉛筆 テキストエディタは誰もが使えるほどにシンプルで素晴らしいです。書き残せる事は無制限に近く、携帯などでいつでもどこでもメモをしながら考えることができます。 しかし、ものを考える上での欠点は、記された情報が垂直方向に並んでしまうことで、直線的な思考に縛られてしまうことです。 それに対して紙と鉛筆は、自分の思いつくことを白い紙の上に縦横無尽に書き出していくことで全体を見渡し、それぞれの関係性を見いだすことで、新たな発想へとつなげやすくなります。 「直線思考」か「拡散思考」か、可能性の広がりにおいて紙と鉛筆の方は圧倒的です。

描画ソフト vs 紙と鉛筆 何よりもスピードを重視するならば、あれこれ考えるよりもマウスを手に取ってIllustratorやパワポなどの描画ソフトを使って考えながら手を動かす方が良いかもしれません。 しかし、本当にそうであるならば、何よりも先に紙と鉛筆を手に取る事をオススメします。 思考スピードという点において、描画ソフトでは上図のように手+マウス→ソフトウェア上の仮想ツール→描画と、2つのツールを介すのに対して、アナログツールでは手+鉛筆→描画と、1つのツールを介すだけです。 描画ソフトは必ずしもエラーやフリーズがおきないとは限らず、思考プロセス上にある障害は少なければ少ないほど思考にかかるストレスは低くなり、結果的に質の良いものを作り出す事につながります。 また、早い…